女性が多い職場で生かせる男性ならではの強み

IMG_2181

こんにちは、RINAです。
今回は初めての男性社員にインタビューしてきました!

女性が多い職場での男性の仕事の仕方について。
女性向けコンテンツを作る難しさや仕事を通して感じた人との繋がり。
どんな風にお仕事をしているのかたくさん聞いてきました。

3年も働いていますが初めての就職先がメディア工房!
そして彼も未経験で入られた方です!


●武田さん●
四大を卒業した後に絵本作家を夢見て、専門学校に2年間通う。
その間はアルバイト生活を続けながら絵本作家を目指していたが、年齢を考え就職を決意。
そして、初めての就職先がメディア工房の占いコンテンツ事業部、企画アプリチーム。

 

【夢を違うかたちで】

___大学卒業後、絵本作家になりたいということで専門学校に通っていたと思うんですけど、なぜ違うことに挑戦しようと思ったのですか。

本当は、プロの絵本作家になろうと思っていたので、会社に入らずにパチンコ屋さんや、損保のコールセンターでずっとアルバイトをしていました。
でも考えてみればもう30代、ちょっと1回就職しないとまずいなと思ったんですよ。

___就職はやりたいことから離れて就職活動をしていたんですか。

就職するとしてもクリエイティブなことがやりたいというのがあって、ゲーム関係とかWEB関係の企画職で探してはいました。

あと、知育アプリを作ってる会社とかも受けていました。
知育アプリって無料で動く絵本とかです。
でもそういった場所では中々決まらず、そんな時メディア工房に出会ったんです。

そのとき面接をしてくださったのが、取締役のHさんとU課長でした。
まぁ、拾ってもらった感じですね(笑)

IMG_2151

【女性が多い職場で】

___メディア工房は女性が多い職場ですが、入社前から女性が多いことは知ってはいたんですか。

ある程度イメージはしていました。
女性向けのコンテンツだとは思っていたので。
あと、面接のときに「女性ばっかだよ。」とは聞かされていたような…(笑)

絵本の専門学校に行っていたときも30人クラスで男が3人しかいなかったり、コールセンターのアルバイトも結構女性ばっかだったんですよね。
そういう意味では、割と女性の中にポツンといる環境には耐性がすごくあったみたいなので、全然大丈夫でした。
ただ、やっぱり入ったばかりのときは気を使っていました。
いかに嫌われないようにするかとか(笑)

とはいえ同姓の方が話しやすいのは間違いないので、仕事の相談とかプライベートの話とかは男にすることがほとんどです。
そのため、社内で違う事業部でもつながりを作って仕事帰り飲みに行ったりしています。

IMG_0197

___女性が多い職場での企画ミーティングでは自分の意見は発信できましたか。
 言いにくいなどはなかったですか。

言いにくいとかはないんですけど、女性向けコンテンツを作っているので感覚が分からないというのはすごくあって。
今でもそうなんですけど、よく分からないことが多い!!(笑)

話を聞いて「そうなんだ!」とか、逆に女の人って「こういうこと考えるんだ。」とか。
ユーザーと作り手側ってやっぱ違う部分はあるんですけど、根本的な女性の傾向は結構勉強になるし、面白いなと思います。

【人との繋がりの大切さ】

___武田さんのお仕事を教えてください。

多分やっていることが特殊で、1年ごとにやることが変わってるんですよ。
ざっくり言うと、web占い・無料アプリ・モバイル占いと渡り歩いてきました。
1つのことを継続してやっていないんで、自分がマルチ化していってて。
現在は、モバイルの占いコンテンツを作っています。

全くコンテンツによって1つ1つやり方が違うし、そこは順応していくしかないのですごくしんどいなって思うこともありますけど、「コイツならできる。」と思って白羽の矢が立てられてるんだなということはありがたいなとは思いますね。

___武田さんの働きっぷりから任されているんでしょうね!
仕事で大切にしていることはありますか。

だったらいいですけど(笑)

横との繋がりってすごい大事だなと仕事をやりながら感じています。
そういう意味で言うと、個人的な付き合いも必ず活かせると思っているので、何か相談があった時に、「こいつのためだったら、ちょっと無理してやってやろうかな。」とか、そこって人情だから大事にしたいな思いながら常に仕事はしています。

IMG_2134

___そうですよね、助け合いは常に仕事をする上で大事だと思います。
他にも仕事をするうえで大変なことや厳しさを聞いてもいいですか。

任された仕事を試行錯誤しながらやっていくのは難しさでもありますが、新しいのができていくのは楽しいですよね。

厳しさや難しさでいうと「占いユーザーの気持ち」を理解することですね。
腰の痛い人の気持ちは、腰の痛い人にしか分からないんです。でも、想像を働かせてコンテンツを組み立てていく。
大変だけど楽しい部分です。

【女性が多い職場での仕事の仕方】

___そういう相談って女性社員にしたりするんですか。

ミーティングがあるので、「こういう風に考えるんだよ」みたいなアドバイスはいただいたりします。

企画担当の人で自分が占い好きだって言う人はむしろ少ないほうで、そういうのって割と大事かなと思っています。
と言うのも、すごい占いが好きだっていうタイプだと、自分の好きなものを作るって言うのは強みではあるんだけど、そうじゃない人が作るものって、俯瞰して作れるって言う強みもあるのかなって思っていて。

占いコンテンツを作っているから占い好きの人が多いと思っていたけど、そうじゃない人もいるからこそ偏りがなく広く見えるんだなとかミーティングしてるときに感じています。

___今までは女性の働きやすさにスポットを当てていたので、逆に男性はどこに働きやすさを感じていますか。

男性ならではの働きやすさは特にないんだよなぁ(笑)
悪い意味ではなくてね。
ただ、女性に優しい会社は男性にとっても嫌じゃないのかなとは思う。
女性に優しいからといって、男性に冷たいわけではないから、そういう意味ではバランスがすごくとれているのかなって。

職種によって違うのかもしれないんですけど、俺が思うに休みやすい!!
期日はあるけど、それまでに仕上げれば自分のペースで仕事ができるから、有給消化はしやすい環境だと思います

【理解してくれる人たちがいるから】

___実際武田さんはお休みとってますか。

とってない!笑
本当に必要なときはとりますけどね。

「この日休ませてください。」って上長に申請するときも嫌な顔全くしないで「いいよ。」って即答でもらえるのでプロジェクトが一段落したらガンガン休んでやります!!

IMG_2557

___武田さんはあまり休みを取らないとのことで、土日は何をしてるんですか。

土日はね~、お酒飲んで過ごしてるかな。
家にいても、外に行っても飲んでるかな。まぁ土日に限らず飲んでるけどね!

___すごくお酒強い方だなとは思っていました(笑)あとからいらした企画担当の松本さんともすごく仲がいいですよね!

 (松本さんインタビューも公開予定!)
松本とはお昼とかいつも行ってる(笑)
というか、オッサン同士でつるんでるね!

でも、女性の社員ともお昼にいきますよ!
もう退職してしまったけど他事業部のKさんとか4人ぐらいでお昼食べに行ったりもありましたね。

___事業部が違うのに一緒にお昼行くくらい仲良かったんですね!

仲良かったですね~。
今でもみんなで飲みに行ったりしますし。

他の事業部との交流ってもっとあってもいいのになぁって個人的には思いますね。
あとは他事業部の飲み会誘ってもらって行くみたいなのもあったりして、そこで気の合う人と繋がりができたりとかあるので、大切にしていきたいなと思います。

___チームは違いますが松本さんとはお仕事のお話とか相談とかしますか。

全然します!
今任されているモバイル占いでまだ何も分からない状態のときに相談とかしました。
松本は5.6年間モバイルの占いばっかり作ってきた人なので、そういう仕事的な部分では大先輩だし、聞けばピンポイントで回答をくれるので。

個人的なところでは依存してはいけないんだろうと思いつつも、やっぱり聞きやすいから分からないことがあった時に「これってなに?」って聞いたら答えてくれるしとてもお世話になっているね。
いろいろ教えてもらって仕事では先輩です。別に敬語は使わないけど(笑)

【女性向けコンテンツも考え方次第で】

___占いは難しいって何回もおっしゃっていましたが、工夫していることはありますか。

コンテンツを作るときとかも割りと女性は感覚的に作っている人が多いなっていう印象があるね。
どちらかっていうと俺らは構造的なところから入っていくところがあって。
例えば数字だったり、システムの中でこういう風な導線を引いていったら月額会員になってくれるよね?みたいな考え方をするので。

そこが男性ならではなのか、性格なのかはわからないですけど。

あとはね、今やっているフリマアプリからも参考になるなってところがあるんだ。

IMG_2548

___フリマアプリやっているんですね!どんなところが参考になるんですか。

洋服とかいらないものをバンバンさばいていますよ!

実際は仕事に活かそうかなと思ってやった部分もあって。
このアプリで面白いなと思ったのが、例えば、顔も分からない人から古着を買うとすると「こいつ大丈夫かな?」と思うことってあるでしょ。
匿名性が高くて、相手の住所も名前も分からずやりとりして最終的にお金が発生するじゃないですか。

そこでどうやったら自分の服を買ってもらえるかなみたいな。
ただただ、ブランドの名前を出して売ってもやっぱり反応良くなくて、そこにどういうことを書いたら売れるんだろうみたいなのがすごく取締役のHさんからレクチャーされている部分もあるので、それをこう活かしながらやるっていうのは楽しくて。

___勉強の仕方っていろんなところにあるんですね。
実際に物は売れましたか。

売れたよ!
今やっている仕事にも言えることで、どうやったら占い師の良さを引き出せるのか、
この占い師すごいなってユーザーの方に思ってもらえるかとかね。
ブランディングをするのはこっちの仕事だから、古着に当てはめて考えることで実際になんとなく今自分の仕事での考え方とかが分かってきたりしましたね。

___考え方次第では、いくらでも仕事に活かせるんですね。
私も勉強になりました!本日はありがとうございました。

 

是非、占ってみてください!

emiri_mkb

QRcode

■料金体系:月額324円(税込)
※一部都度課金メニューがあります。
■URL:http://dwdw.net/emiri/
※キャリア公式メニューリストからもアクセスいただけます。

■サービス提供先:株式会社NTTドコモ/ dメニュー(R)、iモード(R)

■サービス名:口コミ拡散の超的中!執念の能力者

■サービス提供先:KDDI株式会社/スマートフォン版 auポータル

■サービス名:執念の的中占師!恵美莉

■サービス提供先:ソフトバンク株式会社/スマートフォン版 公式メニューリスト

■サービス名:執念の的中占師!恵美莉

まとめ

占いは女性のためのコンテンツ、女性目線で考えるとなるとやっぱり男性からすると大変とのことでした。
でも、そこは男性ならではのやり方でいくらでももっていけるということ。
武田さんのお話を聞いて女性のコンテンツだから男性にできないということは感じませんでした!
そして難しい仕事の中でも、楽しみながら、そして助け合いながらコンテンツを作っていました。
人との繋がりを私も大切にしていきたいです。

特に今回感じたのは「女性が多い職場だから」やりにくいなんてことは全くないということ。
インタビューを通してみんな仲がいいんだなぁと感じました。

それでは、次回もお楽しみに^^

 

お問い合わせ

※現在募集中の職種一覧はコチラ